湘南で人気の住宅地|厚い信頼を誇る国分建設|理想の具現化はプロ集団に任せよう
レディー

厚い信頼を誇る国分建設|理想の具現化はプロ集団に任せよう

湘南で人気の住宅地

一軒家

良好な住環境が特徴

藤沢市は神奈川県の中央部にあって相模湾に面し、ほぼ平坦な地形になっています。気候温暖で古くから保養地として親しまれてきましたが、交通の便が良いためベッドタウンとしての開発も進み、現在でも人口は増加を続けています。藤沢市の土地の約3分の2は市街化区域であり、うち約47%を第一種低層住居専用地域が占めていて、良好な住環境が特徴になっています。藤沢市の土地の公示価格は、2016年で坪単価約74万円となっています。また実際に取引された価格の平均は、坪単価約62万円となります。人気のある住宅用地としては、鵠沼松が岡や辻堂東海岸エリアが挙げられます。湘南台駅周辺のエリアも緑の多い住宅地として開発されています。

砂丘も安定した地盤

藤沢市の土地は国道1号線から北側の相模原台地、境川から東の三浦丘陵、西の砂丘エリアに大きく分けられます。相模原台地は関東ローム層の一部で、基本的に地盤が固く住宅地に向いています。また三浦丘陵も比較的安定した地盤ですが、傾斜地が多く盛土の部分は不同沈下に注意が必要です。鵠沼や辻堂の位置する砂丘エリアは、古くから砂が堆積しているため、意外にしっかりした地盤が多くなっています。観光やスポーツで注目されがちな藤沢市ですが、教育施設や図書館も多く、また医療機関やショッピングモールも充実していて、永住するにも適した土地と言えます。郊外で環境が良いわりに生活至便なことから、「主婦が幸せに暮らせる街」の第1位にランクされています。また、ここで土地を探している方は不動産業者のHPをチェックしてみましょう。業者が扱っている土地を地域別で絞ることができるので、そこから藤沢市内にある土地のみを見ることができます。